21


刀剣乱舞-ONLINE-(とうらぶ)にも登場する大倶利伽羅、2017年4月2日、3日に展示される?





 大倶利伽羅、展示される?

ソース
http://www.nihontou.or.jp/

引用文
特別展及び刀剣に関する講演予定

特別展示講演 2017年4月2日(日)、4月3日(月)の二日間

1回目 4月2日 午後1時~2時30分
2回目      午後3時~4時30分
 
3回目 4月3日 午後1時~2時30分
4回目      午後3時~4時30分

※日程と時間は変更になる場合がございます。
 また、講演時間を短くして、講演回数を増やすなどの調整がある場合もあります。

特別展示の刀剣候補

重要美術品:大倶利伽羅広光(仙台 伊達藩伝来)

重要美術品:波游ぎ兼光(小早川秀秋所持 立花家伝来)

重要美術品:水神切兼光(上杉家御手選三十五腰の一振り)

などを予定

※展示場は、国宝・重要文化財の刀剣などが展示できる条件が揃わなかったため、今回は国宝・重要文化財などの刀剣の展示は行いません。

 

"特別展示の刀剣候補"
"などを予定"

と言うように書かれているのが気になる。
今回も断定口調で書かれていないのは何故なんだろうか。
まだ未決定と解釈して良いの?

それにしても大倶利伽羅以外のラインナップも熱いやん。

展示会自体の期間は、2017年3月25日(土)~4月23日(日) までの模様。
その他にも刀剣乱舞に登場する刀の刀匠と縁ある刀剣が展示されるみたいだ。

以下も引用
全期間中(2017年3月25日(土)~4月23日(日))展示予定の刀剣

(※展示条件の刀剣は予告なく変更となる場合があります。ご了承ください。)

・同田貫系
 上野介(正国)など
 薙刀、槍、太刀、脇差など5~6振り
 (戦国時代末期、江戸時代初期、江戸時代末期の同田貫を展示)

・大和守安定
 刀、脇差、合作刀など5~6振り
 (同じ作者でも刃文や刃中の働きの異なる作品を展示)

・加州清光
 刀、脇差など5~6振り

・左文字
 短刀2振、末左刀など計5~6振り
 (初期作と後期作 他)
 ※準備が間に合えば、左文字の弟子や親、祖父などの作も展示予定

・長谷部系
 太刀、刀、脇差など

・長曾根虎徹
 初代 興里、二代 興正など計5~6振り
 (刃文の異なる作などを同時に展示)

・村正
 初代、二代、三代作など
 槍3点、刀、脇差、短刀など計10~15振り程度

・和泉守兼定(十一代兼定)

・和泉守兼定(古刀・之定)

・陸奥守吉行
 刀、脇差

 他

同じ作者(系統)でも作風が異なることを観ていただきたい。



この刀剣乱舞を明らかに意識したラインナップ
これは熱い


波游ぎ兼光も個性的な名前だよね