42


刀剣乱舞-ONLINE-(とうらぶ)に引換所がついに実装されます。
シールを12枚集めた人が好きな刀剣男士と交換ができるということですが、どの刀剣男士と交換すれば良いか悩んでいる人のための判断材料になればと思い、この記事を作りました。

※注意 引換所の実装期間は2018年3月20日14時まで





 引換所とは

刀剣乱舞-ONLINE-にて、2018年1月2日〜1月13日までおみくじイベントが発生しました。
1日1回おみくじを引くことが可能でしたが、今年はおみくじを引くごとに1枚シールをもらえることができました。

基本的に引換所とは、このシールを集めた人が参加できるイベントなのでご注意ください。
760870c6-s


引換所ではシール12枚集めた人だけが、日向正宗以外の刀剣男士と引き換える事ができます。

 誰をもらうべきか

基本的には欲望に素直になり、「今持っていない刀剣男士の中で最も気になる刀剣」を選べば良いと思います。特に「あと1振りでコンプ」なんて人は迷わず、その1振りを選びに行って良いと思います。

しかし2振り以上、未所持刀剣がいるという人もいるでしょう。

そういう人は基本的に
  • 自身の難民歴
  • 入手機会の少ない刀剣
  • 時間的コスト
  • 課金コスト
  • 資源コスト
  • 自身の好み
とかと相談して優先的に取得する刀剣を選べば良いんじゃないかと思います。

とは言え、レア刀剣と言っても「常に入手チャンスがあるレア刀剣」と、「イベント開催時のみ入手可能になるレア刀剣」がいますので、よほど難民歴をこじらせてない限りは、基本的にはイベント開催時のみ入手可能になるレア刀剣と交換すれば良いんじゃないのかなあって思います。

 常に入手チャンスがあるレア

以下の刀剣男士は、鍛刀時や現在常に実装されているマップで入手チャンスがあるレア刀剣です

短刀
  • 平野藤四郎(all50で鍛刀可能)
  • 厚藤四郎(all50で鍛刀可能)
  • 太鼓鐘貞宗(7-2ボスマス稀ドロ)
脇差
  • 物吉貞宗(7-1ボスマス稀ドロ)
  • 浦島虎徹(鍛刀)
打刀
  • 亀甲貞宗(7-3ボスマス稀ドロ)
  • 長曽祢虎徹(鍛刀)
太刀
  • 明石国行(6-2ボスマス稀ドロップ)
  • 一期一振(稀ドロ、鍛刀)
  • 鶯丸(稀ドロ、鍛刀)
  • 江雪左文字(稀ドロ、鍛刀)

  • 小狐丸(5-3、6-1で超低確率ドロップ、鍛刀)
  • 数珠丸恒次(7-4ボスマス稀ドロ)
  • 鶴丸国永(ドロップ、鍛刀)
  • 髭切、膝丸(検非違使から稀にドロップ)
  • 三日月宗近(鍛刀、5-4、6-3のボスマスで超低確率ドロップ)

大太刀
  • 蛍丸(5-4以降で稀ドロ、鍛刀)

  • 日本号(6-4ボスマスドロップ)
薙刀
  • 岩融(5面以降で稀にドロップ、鍛刀)

次郎太刀、蜻蛉切は人によってはレアかと思いますが割愛。

三日月宗近と小狐丸は過去に秘宝の里の報酬に設定されたことがありますが、なんだかんだドロップ率は低いので2017年から始めて難民歴長い人は取りに行っても良いと思います。

また、7-3の難易度が高すぎて周回するのがきついって人は亀甲を狙いに行っても良いと思います。同様に7-1の物吉、7-2の太鼓鐘も同じ理由で交換するのもありですが、7-1と7-2は極短刀が5振り程度いれば割と楽に周回可能なのでドロップで頑張っても良いでしょう。

7-4の数珠丸は、7-4長距離ルート選択でもドロップするので、7面刀剣の中では割と狙いやすい方かと。

 イベント限定刀剣

以下の刀剣男士はイベント開催時のみ入手可能な刀剣です。
イベントとは「鍛刀イベント」「大阪城」「戦力拡充計画」「秘宝の里」「江戸城潜入調査」の期間限定開催のものを指します。

短刀
  • 後藤藤四郎
  • 博多藤四郎
  • 信濃藤四郎
  • 包丁藤四郎
  • 毛利藤四郎
  • 謙信景光
  • 日向正宗(引換所では交換不可)
  • 不動行光
脇差
  • 篭手切江
打刀
  • 千子村正
太刀
  • 小豆長光
  • 大包平
  • 大典太光世
  • 小烏丸
  • 小竜景光
  • ソハヤノツルキ
  • 大般若長光
薙刀
  • 巴形薙刀

 大阪城開催時に入手可能だったレア

  • 後藤藤四郎
  • 博多藤四郎
  • 信濃藤四郎
  • 包丁藤四郎
  • 毛利藤四郎

おそらくこの5振りは今後確定報酬にならないことが予想されているので、難民歴長い人は取得しに行っても良いと思います。

DQ2_OfPVoAAuBti


※大阪城の最下層付近では「江雪、鶯丸、一期、鶴丸」等のレア4太刀や蛍丸も稀にドロップ

 戦力拡充計画で入手可能だったレア

以下、主にピックアップ対象のみ
  • 日本号(2015年8月、第1回)

  • 物吉貞宗、不動行光(2016年2月)

  • 数珠丸、不動行光、物吉貞宗(2016年5月)

  • 数珠丸、不動行光(2016年7月)

  • 太鼓鐘貞宗、明石国行、不動行光(2016年9月)

  • 不動行光、明石国行、物吉貞宗(2017年3月)

  • 不動行光、物吉貞宗、日本号(2017年5月)

  • 不動行光、明石国行、太鼓鐘貞宗(2017年7月)

  • 不動行光、太鼓鐘貞宗、亀甲貞宗(2017年9月)

  • 2018年2月開催予定の戦力拡充計画では「亀甲、不動、明石」が対象になると思われる

※その他、戦力拡充計画のステージ3の仮想検非違使で「髭切、膝丸」が稀にドロップ。通常ステージと異なり検非違使と確定で戦闘できる機会が多いので、割と入手しやすいです。

※ボスマスで「江雪、鶴丸、一期、鶯丸」等のレア4太刀や、蛍丸も稀にドロップします

不動行光は戦力拡充計画でしか入手機会が訪れないので、ドロップに恵まれず難民歴が長い人はここで狙いに行くのもありでしょう。また、現在戦力拡充計画が開催中なので、そちらを粘ってからでも良いかと。
C7R_ySwV4AAmfCK


 連隊戦で入手可能だったレア

  • 大包平、大典太光世、ソハヤノツルキ(2016年年末)
  • 大包平、大典太光世、ソハヤノツルキ、蛍丸(2017年夏)
  • 日向正宗、大包平、日本号(2017年年末)
連隊戦自体は半年から1年に1回しか開催されないイベントなので、ここで入手可能な刀剣に対し難民歴が長い人や最近始めた人は取りに行っても良いと思います。大典太とソハヤは昨年夏の連隊戦以来、鍛刀イベでしか入手可能になってないし、未入手者も多いのでは?と思います。

なお、日向正宗は今回引換所で交換不可能と発表されております。


 過去に秘宝の里で入手可能だったレア

  • 物吉貞宗、蜻蛉切(2015年11月)
  • 小烏丸、小狐丸(2016年11月)
  • 小烏丸、小狐丸(2017年2月)
  • 小烏丸、岩融(2017年4月)
  • 三日月宗近、一期一振(2017年6月)
  • 篭手切江、江雪左文字(2017年8月)
  • 巴形薙刀(2017年11月)
  • 篭手切江(2018年3月)

篭手切江は昨年2017年8月からまだ一度も入手機会が訪れてないので、どうしても欲しい人は取得しに行っても良いと思います。だけど、さすがにそろそろ再度入手可能になるんじゃ?とも思うので、自己責任で。



篭手切江が2018/3/27まで開催中の秘宝の里の確定報酬になりました。
けれどノルマは8万と結構きつめです、。

43


小烏丸は最後に秘宝の里で確定報酬に設定されてからは鍛刀イベントでしか見かけなくなりました。鍛刀イベントでの難民期間が長い人は取得しに行っても良いと思います。


 過去に江戸城潜入調査で入手可能だったレア

  • 千子村正(2017年3月)
  • 長曽祢虎徹、大般若長光(2017年10月)
千子村正は1度確定報酬になって以来、2回鍛刀イベントで出現してます。
大般若さんももしかしたらそのコースを辿るのか?

DNbWajfUMAED-7Q


 過去に鍛刀イベントで入手可能だったレア

2017年以降から抜粋

2017年1月
  • 千子村正
2017年7月
  • 巴形薙刀
2017年8月
  • 小竜景光
  • ソハヤノツルキ
  • 大典太光世
  • 千子村正
  • 小烏丸
2017年9月
  • 謙信景光
2017年10月
  • 小豆長光
2018年1月〜2月
  • 数珠丸恒次
  • 小烏丸
  • 大典太光世
  • 物吉貞宗
  • 千子村正
  • 小竜景光

「大典太、ソハヤノツルキ、小烏丸、千子村正」は、イベント開催時に入手可能になってからは鍛刀イベントでのみ入手可能となっております。

まだ未入手の人は、課金コストや資材消費コストを考えても、この機会で入手しとくと良いかもしれません。

また、2017年の鍛刀イベントで実装された刀剣で、まだ再入手チャンスが訪れてないのは謙信景光と小豆長光です。

DLnZONeUEAAFSGs

DJCM9MMUMAA3-HY

この2振りは今後イベントで確定報酬になるかもしれませんが、まだ1回しか入手機会が来てないことを考えると取得しに行っても良いと思います。

もちろん今後の秘宝の里とかで確定報酬になる可能性もありますが、どっちにしろノルマで苦労させられると思います。


 まとめ

というわけで、よほど難民歴が長かったり、未入手でその刀剣の事が気になっていると言った事情がない限りは、イベント開催時限定で入手できる刀剣を選択した方が良いんじゃないかと思います。



というわけで、なんかの判断材料になれば幸いです。
コメント欄でも話し合いや質問の場としてご活用ください。