夜戦の乱


刀剣乱舞-ONLINE-(とうらぶ)の連隊戦の乱モード「夜戦の乱」に関する情報です。

・合戦場の特徴
・敵編成の情報
・交代なしの編成案
・交代ありの編成案
・敵の順番

について解説していきたいと思います。
2018年12月〜2019年1月版の連隊戦の「夜戦の乱」の記事です、

関連記事
2018年冬 連隊戦総合攻略記事


もし次開催の連隊戦でも夜戦の乱が同じ仕様だったら、この記事は使い回す予定です







 2018年冬版の夜戦の乱 解説

 順番

  1. 夜・室内
  2. 夜・市街
  3. 夜・外
  4. 夜・外
  5. 昼・外
  6. 夜・外
  7. 夜・外
  8. 昼・市街
  9. 昼・市街
  10. 夜・市街

 この合戦場の特徴

  • その名の通り夜戦が7割を占めるステージです
  • 夜戦が7戦と続くので、夜戦における最高戦力である極短刀に任せた方が楽です


 夜戦の乱の区切り方 

 担当区分の考え方

  1. 夜・室内
  2. 夜・市街
  3. 夜・外
  4. 夜・外
    → 短刀に任せる

  5. 昼・外
  6. 夜・外
  7. 夜・外
    → 高レベル脇差や極短刀に任せる

  8. 昼・市街
  9. 昼・市街
    → 太刀、大太刀、槍に任せる

  10. 夜・市街
    → 短刀に任せる


 夜戦の乱にて交代無しで挑む場合

  • Lv50以上の極短刀6振り+銃兵 で交代無しで突破可能、S勝利も狙える
  • Lv40未満の場合は敗北リスクあり、8戦目で3振り重傷


 交代あり、極短刀少なめの人向け編成部隊例

以下は「極の刀剣男士が短刀1振りしかいない」なんて審神者を想定に作った編成案ですので、極がいる人は要所に投入していきましょう。

高レベル短刀はそれなりに必要です。

 1〜4戦目を任せる部隊

  • 高レベル短刀のみに任せたい場面
  • Lv90は欲しい
  • 最低どのくらいのレベルで行けるかは不明
夜戦1



 5〜7戦目を任せる部隊

  • 昼戦もある程度突破できる編成ってことで高レベル脇差を中心に編成
  • 6〜7は夜戦なのでLv90以上の短刀 or 極短刀が2〜3振り程度は欲しい
  • 極短刀、極脇差を持ってる人はここで投入
夜戦2



 8〜9戦目を任せる部隊

  • 太刀・大太刀・槍に任せる場面
  • 槍、大太刀がいると楽
夜戦3



 10戦目を任せる部隊

  • 通常短刀で突破可能
  • 以下のようなLv90以上2振り、他はLv50〜60って編成でも突破可能(ただし敵は倒せないのでB勝利以下)
夜戦4





 夜戦の乱の敵の詳細

 ① 夜・室内

  • 全乱モード共通の遠戦が発動しない夜の室内戦
  • 脇差3振、打刀3振

夜戦1




 ② 夜・市街

  • 短刀4振り、打刀2振り
  • 敵部隊に短刀が4振りいるので自軍の部隊も短刀が4振り以上いないときつい
  • 短刀は短刀に任せたい場面

夜戦2





 ③ 夜・外

  • 脇差3振に短刀3振
  • 自軍が短刀6振りなら突破できるかと
夜戦3



 ④ 夜・外

  • 脇差3振りに打刀3振り
  • ここまではLv90の短刀6振りで普通に突破可能

夜戦4


 ⑤ 昼・外

  • 短刀が半数を占めているので高レベル脇差でもなんとかなる

夜戦5


 ⑥ 夜・外

  • 脇差5振りいる
  • ここを乗り切りるのに5〜7戦目担当部隊には短刀が2振り欲しい
  • 極短刀いる人はここに投入すべき
夜戦6


 ⑦ 夜・外

  • 敵の短刀が強い
夜戦7


 ⑧ 昼・市街

  • ここをスムーズに乗り切るのに槍が1振り欲しい
夜戦8

 ⑨ 昼・市街

  • 槍と大太刀が役に立つので彼らに任せよう
夜戦9


 ⑩ 夜・市街

  • 敵の装備が全て重歩兵なので固いが、突破するだけなら通常短刀でも問題無し

夜戦10





連隊戦総合記事はこちら
→ 【2018年冬】刀剣乱舞 第6回「連隊戦」攻略速報・ノルマ・超難と乱モードの周回編成




 注目

「刀剣乱舞絢爛図録 三」ニトロ通販での予約は終了したけど単品購入ならDMMで予約可能!コミケ行くの面倒な人におすすめ!